• 印刷する

中堅企業の女性経営幹部比率、比が世界1位

英系国際会計事務所グラントソントンが5日に発表した、中堅企業における経営幹部の女性比率に関する調査で、フィリピンは女性比率47%で、調査対象の35カ国・地域中で首位だった。

グラントソントンは2017年11~12月、従業員数100~750人の中堅企業の幹部2,580人を対象に調査を実施。前年はロシアが47%で首位だったが、今年はフィリピンが40%から47%に比率を上げ、首位に躍り出た。全体ではインドネシアが前年横ばいの2位、タイが前年の8位から3位に上昇し、ASEAN3カ国がトップ3を占めた。ASEAN平均は3ポイント上昇の39%だった。

日本の女性幹部比率は5%で、2004年の調査開始以来、14年連続の最下位だった。

フィリピンで経営幹部に「女性がいない」と回答した比率は8%だった。ASEAN平均は16%、35カ国平均は25%。日本は69%で、経営幹部に女性がいないと回答した割合は日本が最も高かった。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

不動産アヤラ、国外で新たなM&A検討(12:14)

テイクオフ:「とりあえずビール」を…(10/16)

ASEAN対米輸出が12%増 貿易戦争激化の7~8月に伸び(10/16)

バンダイナムコがVRを導入 東南アで初、メルコのIRに(10/16)

第3の通信業者選定入札、予定通りに実施(10/16)

比政府高官、インフレは来年までに収束(10/16)

8月の海外送金受取、0.9%減の24.8億ドル(10/16)

世銀など支援の洪水対策事業、実施計画完成(10/16)

15日為替:$1=54.080ペソ(↑)(10/16)

車両購入に駐車場義務、上院が法案審議開始(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン