中堅企業の女性経営幹部比率、比が世界1位

英系国際会計事務所グラントソントンが5日に発表した、中堅企業における経営幹部の女性比率に関する調査で、フィリピンは女性比率47%で、調査対象の35カ国・地域中で首位だった。

グラントソントンは2017年11~12月、従業員数100~750人の中堅企業の幹部2,580人を対象に調査を実施。前年はロシアが47%で首位だったが、今年はフィリピンが40%から47%に比率を上げ、首位に躍り出た。全体ではインドネシアが前年横ばいの2位、タイが前年の8位から3位に上昇し、ASEAN3カ国がトップ3を占めた。ASEAN平均は3ポイント上昇の39%だった。

日本の女性幹部比率は5%で、2004年の調査開始以来、14年連続の最下位だった。

フィリピンで経営幹部に「女性がいない」と回答した比率は8%だった。ASEAN平均は16%、35カ国平均は25%。日本は69%で、経営幹部に女性がいないと回答した割合は日本が最も高かった。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

預金準備率を18%に引き下げ、6月1日から(05/25)

JGサミット、今年の資本支出を8割増へ(05/25)

米ディボールド、新型ATMを来月投入(05/25)

税制改革第2弾で大量失業 労組が懸念表明、審議は難航か(05/25)

テイクオフ:「お墓、どうします?」…(05/25)

世界人材ランク50位に低下、ここ10年で最低(05/25)

企業の半数が経済犯罪を経験、PwC調査(05/25)

三菱自が名門大と覚書、産学官でEV振興(05/25)

24日為替:$1=52.550ペソ(↓)(05/25)

首都LRT1号線、カビテ延伸を10月着工(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン