• 印刷する

AI医療機器が韓国初登場、今月中にも

韓国メディアによると、早ければ3月にも韓国初の「人工知能(AI)医療機器」が登場する。AI医療機器は医療用ビッグデータを分析して疾病を診断・予測する独立型ソフトウエア(SW)だ。

AI基盤の医療データ分析・診断SWを開発するビューノは、2月に食品医薬品安全処に骨年齢を測定する「ビューノ・オンエイジ」に対する2等級医療機器許可を申請した。同機器はレントゲンで手の骨を撮影して骨年齢を診断する際に、AIシステムを活用することで判定精度を平均10%ほど向上している。

JLKインスペクションは、脳卒中診断補助装置の臨床試験を終え、今月中にも食薬処に3等級医療機器品目許可を申請する計画だ。

ただ、医療界はAI医療機器の登場を前に、AI医療機器を使って医療事故が起きた際など、AIを用いた診療の責任問題を明確にする制度導入を要求しており、法的ガイドラインの制定が急がれる。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 医療・医薬品IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

オプトとセプテーニ、子会社の株式譲渡中止(11:41)

テイクオフ:日韓の新生サッカー代表…(10/24)

デサントが釜山研究所を開設 ランニング靴向け、競争力強化へ(10/24)

NECとサムスン電子、5G基地局で提携(10/24)

現代自「サントロ」、40万ルピー以下で発売(10/24)

雇用悪化、高齢化の影響少ない=KDI(10/24)

経済副首相、公共機関の不正雇用に「厳罰」(10/24)

検察による談合捜査、中小企業への打撃懸念(10/24)

サムスン現法、税関優先制度の適用3年延長(10/24)

ロッテが投資計画、23年までに50兆ウォン(10/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン