• 印刷する

パナ、東南アジアのAC市場で2割成長目標

パナソニックは、東南アジアのエアコン(AC)市場で2019年3月期は売上高ベースで前年比20%成長を目指す方針だ。中でも、BtoB(企業間取引)領域でエアコンのグローバル拠点に位置付けているマレーシアはシェア首位を固持し、期待も高い。

パナソニックの家電商品で開発・製造・販売を担うアプライアンス社の海外マーケティング本部エアコンマーケティングセンターの澤田卓真所長は、「マレーシアはパナソニックブランドへの信頼が厚く、主導的地位を握っている」と語った。東南アジアのエアコン市場でパナソニックの国別シェア(17年)は、マレーシアが34%、インドネシアが23%でそれぞれ首位に立つ。

この他、フィリピンは21%、ベトナムは28%でいずれも2位に付けており、タイは9%で4位。澤田氏は、「パナソニックにとって、アジア大洋州地域はエアコンの戦略市場となる」と強調。これらの国で18年度は前年度比20%増の売上高を見込む。

マレーシアは輸出拠点の役割も担い、スランゴール州シャアラム工場から家庭用・産業用エアコンを世界120カ国・地域以上に仕向けている。今後、「他国ブランドとの競争は激しいが、タイとベトナムでエアコン事業を強化していく」(澤田氏)考えだ。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 電機

その他記事

すべての文頭を開く

新たな変異ウイルス、バタム島で確認(04/16)

UMWトヨタ、1Q販売は61%増の1.7万台(04/16)

日野自、起業家育成機関に中型バス32台納入(04/16)

ワクチン接種、4割自主判断 安全性懸念し「帰国接種」希望も(04/16)

ツリーレティック、隣国へ電動二輪車輸出へ(04/16)

RM1=26.4円、$1=4.13RM(15日)(04/16)

異物検知の実証実験第2期開始、首都空港で(04/16)

建材サラワク、マレー半島進出へ企業買収(04/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン