• 印刷する

パナ、東南アジアのAC市場で2割成長目標

パナソニックは、東南アジアのエアコン(AC)市場で2019年3月期は売上高ベースで前年比20%成長を目指す方針だ。中でも、BtoB(企業間取引)領域でエアコンのグローバル拠点に位置付けているマレーシアはシェア首位を固持し、期待も高い。

パナソニックの家電商品で開発・製造・販売を担うアプライアンス社の海外マーケティング本部エアコンマーケティングセンターの澤田卓真所長は、「マレーシアはパナソニックブランドへの信頼が厚く、主導的地位を握っている」と語った。東南アジアのエアコン市場でパナソニックの国別シェア(17年)は、マレーシアが34%、インドネシアが23%でそれぞれ首位に立つ。

この他、フィリピンは21%、ベトナムは28%でいずれも2位に付けており、タイは9%で4位。澤田氏は、「パナソニックにとって、アジア大洋州地域はエアコンの戦略市場となる」と強調。これらの国で18年度は前年度比20%増の売上高を見込む。

マレーシアは輸出拠点の役割も担い、スランゴール州シャアラム工場から家庭用・産業用エアコンを世界120カ国・地域以上に仕向けている。今後、「他国ブランドとの競争は激しいが、タイとベトナムでエアコン事業を強化していく」(澤田氏)考えだ。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 電機

その他記事

すべての文頭を開く

8月新車販売、免税で各社拡大 プロドゥア乗用車シェア3割維持(09/21)

キヤノン、上位ミラーレスカメラを来月発売(09/21)

筑波大マハティール首相に訪日要請、分校も(09/21)

ナジブ前首相、資金洗浄など25件で再起訴(09/21)

RM=27.1円、$=4.13RM(20日)(09/21)

KTM複線改良工事2期、発注取り消し(09/21)

接続性に優れた空港、KLIAは世界12位(09/21)

【アジア三面記事】パパ、何をしているの(09/21)

エアアジア、インドにIT子会社設立(09/21)

【予定】21日 8月消費者物価指数ほか(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン