テイクオフ:香港の来年度の財政予算…

香港の来年度の財政予算案が発表された。今回は林鄭月娥(キャリー・ラム)政権になって初の予算案で、過去最高額の歳出を香港政府がどう運用するかに注目が集まった。

香港市民から余り好意を寄せられていない現財政長官の政策にあらかじめ期待していなかった市民は多いと思うが、まさかここまでバッシングされるとは彼自身も予想していなかっただろう。特に「海洋公園の無料券配布のため公金投入」という仰天発表に香港中の人が耳を疑ってしまったようだ。香港政府が出資する香港ディズニーランドではなく、なぜ海洋公園から手を打ったのかみんなが首を傾げた。

強い批判を受け、市民の意見をくみ取り再度検討すると説明した財政長官。汗を拭き慌ててメディアの前で話すその姿は何だかかわいそうだが、発表する前にちゃんと検討してほしいというのが納税者の偽らざる声だ。(静)


関連国・地域: 香港
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ターンテーブルに着くと…(05/24)

下期に大型IPO相次ぐか 滴滴など3社が1兆円超調達へ(05/24)

反落、資源銘柄が重し=香港株式(05/24)

6月の新築供給5千戸超、近年最多か(05/24)

4月のオフィス賃料、過去2年で最大の伸び(05/24)

不動産オリジン、香港に販売事務所を開設(05/24)

本土の共用オフィスKr、香港進出へ(05/24)

香港の超富裕層数、世界第2位に(05/24)

中国理文造紙、バゴーに工場建設計画(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン