• 印刷する

テイクオフ:香港の来年度の財政予算…

香港の来年度の財政予算案が発表された。今回は林鄭月娥(キャリー・ラム)政権になって初の予算案で、過去最高額の歳出を香港政府がどう運用するかに注目が集まった。

香港市民から余り好意を寄せられていない現財政長官の政策にあらかじめ期待していなかった市民は多いと思うが、まさかここまでバッシングされるとは彼自身も予想していなかっただろう。特に「海洋公園の無料券配布のため公金投入」という仰天発表に香港中の人が耳を疑ってしまったようだ。香港政府が出資する香港ディズニーランドではなく、なぜ海洋公園から手を打ったのかみんなが首を傾げた。

強い批判を受け、市民の意見をくみ取り再度検討すると説明した財政長官。汗を拭き慌ててメディアの前で話すその姿は何だかかわいそうだが、発表する前にちゃんと検討してほしいというのが納税者の偽らざる声だ。(静)


関連国・地域: 香港
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

周大福、7~9月の香港マカオ市場25%増収(10/19)

大橋開通で複数業種に恩恵 物流や観光など、専門家指摘(10/19)

中国科学院、香港に出先機関設置へ(10/19)

世界競争力報告、香港は7位に(10/19)

TNG、インドネシア同業を買収(10/19)

小反落、石油関連に売り=香港株式(10/19)

中石化、香港に初の無人コンビニ出店(10/19)

旺角T.O.P、テクノロジー活用で集客(10/19)

上水の薬局に打撃、運び屋対策強化などで(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン