• 印刷する

エアポートリンク、始発繰り上げで混雑緩和

タイ国鉄(SRT)子会社で、空港鉄道「エアポート・レール・リンク(エアポートリンク)」を運営するSRTエレクトリファイド・トレイン(SRTET)は、始発時間の繰り上げにより、朝の通勤ラッシュがやや緩和したことを明らかにした。2日付クルンテープ・トゥラキットが報じた。

2月1日からエアポートリンクの始発時間を30分繰り上げ、午前5時半とした。午前5時半~同6時の利用客数は、繰り上げ後第1週が800人、第2週が1,000人。始発時間の繰り上げにより、午前6~7時の乗車率が40%から49%に拡大した一方、7~8時は94%から92%に減少した。

ただ、ラッシュのピークとなる午前8~9時は依然100%近い乗車率が続いており、SRTETは、乗車時間帯をさらに分散させるための方策を講じる。ラッシュアワー以外の運賃割引や、ラッシュアワー以外の景品や食品の配布プロモーションなどを検討しているという。


関連国・地域: タイ
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

アウディ、BOIに電動車工場の設置申請(20:18)

700MHzの入札案が承認、5月に実施へ(19:32)

天然ゴムの輸出30万トン削減、2カ国が合意(20:20)

テイクオフ:今月5日に、タイのスワ…(01/16)

マツダの18年販売は37%増 6年ぶり7万台、今年も1割増へ(01/16)

タイCPの食肉加工など、投資7件を認可(01/16)

TMI総合法律事務所がオフィス開設(01/16)

空港高速鉄道入札、CPの特別提案を審査(01/16)

【ハノイ重慶】「陸海新通道」がスタート (最終回)連結性強める中国ASEAN(01/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン