1月の外国人観光客6%減、バリの低迷続く

今年1月にインドネシアを訪れた外国人旅行者数は、前年同月比6%減の約104万人だった。バリ島の旅行者数は、前月からは増加に転じたものの、前年同月に比べて2割以上も減少し、アグン山噴火の影響で低迷が続いている。

空路でバリ島入りした外国人旅行者は前年同月比24%減の約35万人。1日付ニュースサイト『デティックコム』によると、中央統計局のスハリヤント長官は「前月から12%増えたものの、まだ平常水準までは回復していない」と述べた。

バリ島東隣のロンボク空港から入国した旅行者も、前年同月比4割減に落ち込んだ。

星付きホテル(一~五つ星)の平均稼働率は、2016年1月の49%、17年1月の51%よりもやや改善したが、前月の60%近くから52%に低下した。

中央統計局は1月の統計から、陸海空の玄関口別旅行者数の統計フォーマットを変更した。中ジャワ州スマランのアフマド・ヤニ空港や、南スマトラ州パレンバンのスルタンバダルディンII空港、マレーシアから陸路で国境越えできる西カリマンタン州の2カ所、東ティモールからの玄関口になる東ヌサンタラ州アタンブアなどからの入国者数を加えた。

1月の外国人旅行者全体の6割が空路で入国、残り2割ずつが海路と陸路からの入国者だった。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 経済一般・統計観光・娯楽

その他記事

すべての文頭を開く

西ジャワの繊維上流産業2社が工場を閉鎖(05/25)

プルタミナ、製油所拡張は25年に完了(05/25)

チカンペック高速、大祭前後は通行規制中止(05/25)

電気自動車、産官で温度差 技術開発の投資先行に産業界困惑(05/25)

テイクオフ:「お墓、どうします?」…(05/25)

為替参照、1万4200ルピア台突破(05/25)

ペリー中銀総裁が就任、ルピア安定化に注力(05/25)

1ドル=1万7000ルピア以上進まず、前総裁(05/25)

損保インシュランス、シャリア事業を開始(05/25)

財務相、新優遇税制の草案を今月中に策定(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン