• 印刷する

南洋工科大、アリババとAI研究機関開設へ

シンガポールの南洋工科大学(NTU)は2月28日、電子商取引(EC)中国最大手アリババ・グループ・ホールディング(阿里巴巴集団)と人工知能(AI)関連の共同研究機関を設立することで覚書を交わした。調印式にはエイミー・コー上級国務相(保健、環境・水資源担当)が立ち会った。

新たな研究機関「アリババ―NTUシンガポール共同研究所」はNTUのキャンパス内に設置。アリババがこうした施設を中国国外に設けるのは初という。

まずは双方から計50人の研究者が集まり、向こう5年で毎年数百万Sドル(1Sドル=約80.9円)を投じて研究に取り組む。NTUは健康、老化、住宅、地域社会に関して培ったAIの知見を、アリババは自然言語処理(NLP、人間の日常言語をコンピューターで処理する技術)、機械学習、クラウドコンピューティングといった最先端の技術をそれぞれ持ち寄り、都市の効率性向上や、人々の健康増進、生活改善に役立てることを目指す。


関連国・地域: 中国シンガポール
関連業種: IT・通信社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新しいサービスは積極的…(10/16)

ASEAN対米輸出が12%増 貿易戦争激化の7~8月に伸び(10/16)

協働ロボットで域内需要開拓 世界最大手UR、市場拡大に期待(10/16)

スマート街灯事業、STエンジが受注(10/16)

オマーンと2国間関係強化、2つの覚書締結(10/16)

9月の民間住宅販売、前月比51%増(10/16)

ハローキティカフェ、来年2月で閉店へ(10/16)

露サイバー防衛企業、国際本部を開設へ(10/16)

タイ星合弁、トンロー駅前でコンド開発(10/16)

台湾のバブルティー店、来月に1号店開業(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン