• 印刷する

17年の台湾寄港クルーズ船客、最多114万人

台湾の主要港湾業務を統括する台湾港務(TIPC)の統計によると、2017年に台湾に寄港したクルーズ船の旅客数は延べ114万人で過去最高を更新した。台湾のクルーズ船市場規模は16年に続きアジアの国・地域別で2位となった。

2月28日付経済日報など台湾各メディアが伝えた。100万人超えは16年に続き2年連続。

旅行会社台湾大手の雄獅旅行社(ライオントラベル)が17年に販売したクルーズ船商品の売上高は6億台湾元(約22億円)で、今年は前年比3割増が目標。鳳凰旅行社(フェニックスツアーズ)は2億5,000万元で、今年の目標を前年比1割増の2億7,500万元に設定した。五福旅行社(ライフツアー)は2億1,000万元で、今年は約2割増となる2億5,000万元の売上高を目指す。これら旅行会社の大手5社が販売したクルーズ船商品の売上高総額は20億元に上り、今年はさらに前年比2割成長が見込めるという。

今年も台湾には、米国を拠点とするカーニバル・コーポレーション傘下のプリンセス・クルーズ、イタリアを拠点とするコスタ・クルーズ、香港拠点のスタークルーズ(麗星郵輪)の各社の船舶が寄港。プリンセス・クルーズの寄港数は17年の49回を上回る52回を予定し、今年は初めて「マジェスティック・プリンセス(中国語名:盛世公主号)」「サン・プリンセス(太陽公主号)」「ダイヤモンド・プリンセス(鑽石公主号)」の3隻が台湾に寄港する。

コスタ・クルーズの台湾寄港回数は第1四半期(1~3月)だけで17年通年を上回る予定。スタークルーズは1~5月に「スーパースター・ヴァーゴ(処女星号)」と「スーパースター・アクエリアス(宝瓶星号)」が計48回、台湾に寄港する予定という。

■農産品など8,000万元調達

プリンセス・クルーズは17年、台湾で8,000万元相当の物資を調達した。船内のレストランで使用する農産品や、寝具などのリネンが含まれ、同社の幹部は「クルーズ船の寄港回数増は台湾の観光、物流、農業、紡績、石油化学といった産業に商機をもたらす」と話している。


関連国・地域: 台湾
関連業種: 運輸小売り・卸売り観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

富士康、中国の自動運転OS開発会社に出資(15:38)

テイクオフ:最近、コンビニの店内入…(03/02)

ワクチンを機に空輸運賃上昇 大手2社、台米線最大4割値上げ(03/02)

TSMCが米工場6カ所建設か、1兆元超へ(03/02)

高雄の5G・AIoT拠点、進出に優遇策(03/02)

台湾PCB企業の中台生産、20年は過去最高(03/02)

シャープが堺の液晶工場株売却へ、24%保有(03/02)

華新科技が高雄工場取得、MLCCを増産(03/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン