テイクオフ:当地のメディアでは、今…

当地のメディアでは、今後もしばらくデラロサ国家警察長官の丸刈り頭を目にすることになりそうだ。

フィリピンでは軍隊や警察は56歳を定年退職に規定している。デラロサ氏は今年1月に56歳の誕生日を迎えた。ただ、ダバオ市の警察署長を務めた同氏は、ドゥテルテ大統領とは旧知の仲。大統領はかねて「デラロサ氏の任期を2018年4月まで延期する」と述べていたが、ここへ来て「もう少し延ばす」と慰留の意向をもらした。

ドゥテルテ政権は16年6月に発足した。1年半後に定年になる人物をなぜ長官に据えたのか。そんな批判を現地メディアはあまり報じない。思い返せば国軍のゲレロ参謀総長も昨年、就任から数カ月で56歳の誕生日を迎え、定年が延期になった。海の向こうからは、国のトップの任期を撤廃する案が聞こえる。「終身」の二文字を思いがけなく近い距離に感じるフィリピンだ。(成)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

預金準備率を18%に引き下げ、6月1日から(16:02)

JGサミット、今年の資本支出を8割増へ(13:43)

米ディボールド、新型ATMを来月投入(11:52)

税制改革第2弾で大量失業 労組が懸念表明、審議は難航か(05/25)

テイクオフ:「お墓、どうします?」…(05/25)

世界人材ランク50位に低下、ここ10年で最低(05/25)

企業の半数が経済犯罪を経験、PwC調査(05/25)

三菱自が名門大と覚書、産学官でEV振興(05/25)

24日為替:$1=52.550ペソ(↓)(05/25)

首都LRT1号線、カビテ延伸を10月着工(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン