• 印刷する

テイクオフ:当地のメディアでは、今…

当地のメディアでは、今後もしばらくデラロサ国家警察長官の丸刈り頭を目にすることになりそうだ。

フィリピンでは軍隊や警察は56歳を定年退職に規定している。デラロサ氏は今年1月に56歳の誕生日を迎えた。ただ、ダバオ市の警察署長を務めた同氏は、ドゥテルテ大統領とは旧知の仲。大統領はかねて「デラロサ氏の任期を2018年4月まで延期する」と述べていたが、ここへ来て「もう少し延ばす」と慰留の意向をもらした。

ドゥテルテ政権は16年6月に発足した。1年半後に定年になる人物をなぜ長官に据えたのか。そんな批判を現地メディアはあまり報じない。思い返せば国軍のゲレロ参謀総長も昨年、就任から数カ月で56歳の誕生日を迎え、定年が延期になった。海の向こうからは、国のトップの任期を撤廃する案が聞こえる。「終身」の二文字を思いがけなく近い距離に感じるフィリピンだ。(成)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ、新たに9227人感染(19:59)

LG、フィリピンに「スマートランドリー」(17:34)

テイクオフ:国民同士で助け合い、食…(04/21)

ワクチン接種、大幅に遅れ 人口の1.2%止まり、調達進まず(04/21)

新型コロナ、新たに7379人感染(04/21)

J&Jと印製ワクチン、緊急使用を承認(04/21)

3月の輸入車販売95%増、コロナ反動(04/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン