火力発電所の石炭在庫、46施設で7日分未満

インドの火力発電所で、石炭不足が深刻化している。中央電力庁(CEA)が監督する113施設のうち、22日時点で備蓄量が1週間分を下回る発電所は46施設に達した。PTI通信が26日に伝えた。 CEAのデータによると、22日時点で備蓄がない発電所は6施設、1日分しかない発電所は…

関連国・地域: インド
関連業種: 経済一般・統計天然資源電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

インド企業、カイン州で小型車組み立てへ(21:04)

アダニ、資金調達でQLD石炭港権益放出へ(18:40)

テイクオフ:インドのサービス産業が…(05/23)

医薬品輸出が20年に200億ドル 後発薬が好調も品質でリスク(05/23)

タタと東電、発電所の最適化モデル開発へ(05/23)

石炭の供給制限、自家発電企業が抗議(05/23)

巨大市場めぐり競争激化、印進出の日韓企業(05/23)

サムスンの工場拡張、携帯生産に年内着手(05/23)

Rジオ、エストニアに子会社設立へ(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン