• 印刷する

テイクオフ:河合雅司著の「未来の年…

河合雅司著の「未来の年表 人口減少日本でこれから起きること」が韓国語訳で発売された。同書は、2020年に女性の半数が50歳を超えるなど、人口減少で17年から2065年頃まで時系列で何が起こるのかを予測した内容で、韓国でも関心を集めている。

同書の推薦文を執筆したソウル大学のチョ・ヨンテ教授によると、韓国で高齢化と少子化が認識されたのは、それぞれ2000年と02年。政府レベルで、対応策をまとめたのは06年という。日本より10~15年遅い。最近になってようやく、ソウルなど首都圏一極集中による「地方消滅」の危機が叫ばれ始めた。韓国は今後も、日本と同じ道をたどっていく可能性は非常に高そうだ。

チョ教授は「未来は現在を通じて形作られるが、未来は現在とは違う社会になるかもしれない」と推薦文を締めくくる。人口減対策での日韓の協力を期待したい。(碩)


関連国・地域: 中国韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

サッカー分析業者に6億円出資、SBVK(15:35)

LGD、上期の有機ELパネル売り上げ倍増(12:04)

テイクオフ:夏休みを利用して江原道…(08/16)

韓中の雑貨店が店舗網拡大 ムムソの偽装表示、政府が調査へ(08/16)

中韓の産業競合度高まる お得意様からライバルへ(08/16)

南北首脳会談、9月平壌にて開催で合意(08/16)

韓国の車部品オリエント、売上倍増の見込み(08/16)

7月の輸入物価指数、12.2%上昇(08/16)

AIなど戦略分野に5年で10兆W投資=政府(08/16)

サムスンが初の新薬臨床、武田薬品と協力(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン