• 印刷する

テイクオフ:河合雅司著の「未来の年…

河合雅司著の「未来の年表 人口減少日本でこれから起きること」が韓国語訳で発売された。同書は、2020年に女性の半数が50歳を超えるなど、人口減少で17年から2065年頃まで時系列で何が起こるのかを予測した内容で、韓国でも関心を集めている。

同書の推薦文を執筆したソウル大学のチョ・ヨンテ教授によると、韓国で高齢化と少子化が認識されたのは、それぞれ2000年と02年。政府レベルで、対応策をまとめたのは06年という。日本より10~15年遅い。最近になってようやく、ソウルなど首都圏一極集中による「地方消滅」の危機が叫ばれ始めた。韓国は今後も、日本と同じ道をたどっていく可能性は非常に高そうだ。

チョ教授は「未来は現在を通じて形作られるが、未来は現在とは違う社会になるかもしれない」と推薦文を締めくくる。人口減対策での日韓の協力を期待したい。(碩)


関連国・地域: 中国韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

現代モービス、18年受注41.7%増え過去最高(15:40)

江原道知事、南北経済協力進展に期待感(12:17)

テイクオフ:低迷する飲食店を人気料…(01/23)

18年成長率は2.7% 6年ぶり低水準、今年も停滞恐れ(01/23)

18年訪韓外国人客数15.1%増、日本人けん引(01/23)

光化門広場を拡張、ソウル市が設計案公開(01/23)

昨年12月の生産者物価指数、1.0%上昇(01/23)

サムスンバイオへの粉飾問題、処分が保留に(01/23)

現代自動車の18年販売、6%減の3.5万台(01/23)

ロト販売が03年以来最高に、景気低迷で(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン