• 印刷する

ガス供給サコン、バイオ発電に27億円投資

自動車燃料用の天然ガスを供給するタイのサコン・エナジー(SKE)は23日、北部プレー県のバイオマス(生物資源)発電所に7億9,884万バーツ(約27億円)を投資すると明らかにした。同発電所の出力は9,900キロワット(kW)で、SKEは権益の80%を取得する。

タイ証券取引所(SET)への報告によると、同発電所を保有するメー・クラティン・パワーの株式を取得する。買収額は約8,000万バーツで、発電所への追加投資を含めた投資総額が約8億バーツとなる。

SKEは、国営石油PTTの車両向けの天然ガス充てん施設を運営している。2017年12月期決算は、売上高が前年比19.5%減の3億3,370万バーツ、純利益が42.1%減の7,392万バーツだった。


関連国・地域: タイ
関連業種: 化学天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:タイのプミポン前国王が…(10/16)

ASEAN対米輸出が12%増 貿易戦争激化の7~8月に伸び(10/16)

【高齢化の諸相】中進国の活力奪う「第2の罠」 スピード老化、先進国入りへ試練(10/16)

居酒屋てっぺん、商業施設でFC1号店開業(10/16)

製薬協、タイと台湾の機関とコンソーシアム(10/16)

バムルンラード病院、米企業と新技術開発へ(10/16)

新菱冷熱、協和発酵バイオの工場を完工(10/16)

信和不動産、物件のアフターサービス導入(10/16)

タイ星合弁、トンロー駅前でコンド開発(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン