• 印刷する

有力財閥が気象事業に参入、日本企業と提携

フィリピンの有力財閥アボイティス・グループは23日、民間気象情報の世界大手ウェザーニューズ(千葉市)と業務提携したと発表した。気象情報事業に参入するに当たり、気象技術者の技術支援や、気象観測データの有効活用に関する知見共有などの協力を受ける。

新設した子会社ウェザー・ソリューションズが、ウェザーニューズとこのほど提携した。気象データや災害対策情報をリアルタイムで企業に提供する体制を目指す。

ウェザー・ソリューションズのジョジョ・マラシガン社長は声明で、「気象データの分析結果を活用すれば、小売り業者が『この気候ではこの商品が売れる』といった予測を立てることができる」と述べ、幅広い産業をターゲットとする考えを示した。リアルタイムの気象情報は、台風や大雨などの自然災害が事業に及ぼす被害を最小限に食い止めるのにも役立つという。

ウェザーニューズは1986年設立。21カ国・地域に拠点を持つ。フィリピン拠点は、航空会社向けサービスを提供している。同社の志賀康史取締役はNNAに対し、「アボイティス・グループが有する観測データネットワークを生かし、防災など気象情報を活用したビジネス展開を共同で模索したい」と話した。


関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: IT・通信小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

車両購入に駐車場義務、上院が法案審議開始(18:00)

中国・上汽「MG」、新たに代理店を指名(17:15)

ミ島産バナナ繊維、日本企業に試験出荷へ(17:15)

テイクオフ:日本では高齢者同士によ…(10/15)

今年は新車販売が一転減少へ 1~9月、14%減の26.1万台(10/15)

米中摩擦で税制改革法案に慎重論拡大か(10/15)

今年成長率は6.5%、財務相が予想引き下げ(10/15)

東南アの越境投資顧問容易に、まずは4カ国(10/15)

外国人証券投資、9月は3カ月ぶり売り越し(10/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン