テイクオフ:少し前に広東省で偽札作…

少し前に広東省で偽札作りの集団が摘発されるというニュースがあった。押収された偽札は2億1,400万元(約36億円)相当に上り、過去最大級だそうだ。

この事件を耳にして、ふと思い出したのが「人工知能(AI)の発展によってなくなる職業」という話だ。例えば、レジ係やタクシー運転手といった仕事は将来機械などに取って代わられる可能性があるという。翻って、モバイル決済が盛んな中国で「今後消滅してしまう職業は何か」と問われたら、まっとうな仕事ではないけれど、偽札作りが真っ先に思い浮かんでしまう。

中国は今や、コンビニでもタクシーでもモバイル決済が可能で、街中での現金の流通は減りつつあるように見える。お札が使われなくなれば、偽造も下火になっていくのではないか。世間の耳目を集めるような大規模な偽札作りの犯罪は、もしかすると先日の事件で最後となるかも。(川)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

電池大手が中国で供給拡大か 補助金対象入りの可能性、現地紙(05/25)

ユニー、香港事業から撤退 3億ドルで全株売却、営業は継続(05/25)

自貿区の対外開放を拡大 国務院、広東など3カ所で(05/25)

米国の輸入車関税案に反発、中国商務省(05/25)

サービス貿易を振興、指定17地域で(05/25)

首都に中国系経済特区、運営会社が発足(05/25)

ECサイトの子ども用品、3割が不合格(05/25)

香港の合弁法律事務所、本土で設立規制緩和(05/25)

無印良品に罰金340万円、台湾表記巡り(05/25)

致新、アリババのスマートスピーカー向け受注(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン