• 印刷する

テイクオフ:少し前に広東省で偽札作…

少し前に広東省で偽札作りの集団が摘発されるというニュースがあった。押収された偽札は2億1,400万元(約36億円)相当に上り、過去最大級だそうだ。

この事件を耳にして、ふと思い出したのが「人工知能(AI)の発展によってなくなる職業」という話だ。例えば、レジ係やタクシー運転手といった仕事は将来機械などに取って代わられる可能性があるという。翻って、モバイル決済が盛んな中国で「今後消滅してしまう職業は何か」と問われたら、まっとうな仕事ではないけれど、偽札作りが真っ先に思い浮かんでしまう。

中国は今や、コンビニでもタクシーでもモバイル決済が可能で、街中での現金の流通は減りつつあるように見える。お札が使われなくなれば、偽造も下火になっていくのではないか。世間の耳目を集めるような大規模な偽札作りの犯罪は、もしかすると先日の事件で最後となるかも。(川)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:弊社の入居するオフィス…(10/22)

日本からの投資3分野に期待 行政長官、イノベ・建設など(10/22)

7~9月のGDP6.5%増 0.2P減速、9年半ぶり低水準(10/22)

1~9月の鉱工業生産6.4%増、伸び率鈍化(10/22)

工業設備稼働率、3Qは76.5%に下落(10/22)

韓国投資証券、香港法人を有償増資(10/22)

新鴻基、騰訊と戦略提携=スマホ決済普及へ(10/22)

貿易の利便性向上へ、書類削減や時間短縮(10/22)

啓碁が茂迪の工場を買収、台湾での生産強化へ(10/22)

UBS幹部、本土で拘束か=出張回避も(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン