新薬浩鼎の張董事長、「会社売却排除せず」

新薬開発を手掛ける台湾浩鼎生技(OBIファーマ)の張念慈董事長は22日、経済日報に対し、台湾内外のバイオ医薬事業者と提携に向けて協議する考えを明らかにした。張董事長は、「条件さえ折り合えば会社売却も排除しない」と明言。経営統合やライセンス供与、製品販売権の売却な…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 医療・医薬品化学金融


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:緑の多い場所で休憩して…(05/25)

米大統領の「防衛」発言詳報 台湾主要紙、識者の分析など紹介(05/25)

新型コロナの域内感染者、24日は8万2363人(05/25)

アボット製抗原キット、購入制限を取り消し(05/25)

6歳未満のモデルナ接種、7月以降開始か(05/25)

台北の蔡副市長、抗原検査で陽性(05/25)

聯発科技、今年売上高は2割増を予想(05/25)

UMC、シンガポール新工場の土地使用権取得(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン