川崎重工、オレンジライン向け掘進機を受注

川崎重工業は23日、タイの首都バンコクで開通予定の首都圏鉄道「オレンジライン」のトンネル掘削工事向けに、シールド堀進機3機を受注したと発表した。シールド堀進機の設計・製作・海上輸送などを担当する。来年2月から8月にかけて順次納入する予定。

オレンジラインの建設工事を手掛ける地場のゼネコン大手チョーカンチャンなどで構成される共同事業体、CKSTジョイント・ベンチャーから受注した。オレンジラインの第1期工事イーストセクションに投入され、E01工区(約4.2キロ)とE02工区(約2キロ)の各上下線、合計12.3キロを掘削する。工事は21年に完了する見通し。

同掘進機は、バンコクの軟弱な地盤に有効な泥土圧式。地下水圧を保持した状態で掘削土を排出できるスクリューコンベヤーを採用するなど、工区特性に適した仕様となっている。

川崎重工はタイでオレンジライン向けのほか、地下鉄「ブルーライン」向けなどに計19機、日本国内外で約1,400機のシールド掘進機やトンネル・ボーリング・マシン(TBM)の受注実績がある。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 製造一般建設・不動産運輸・倉庫

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:2階の屋根部分の骨組み…(06/21)

販路拡大、東南ア展開を探る ものづくり商談会、164社が出展(06/21)

東海光学、地場TOGと眼鏡レンズ生産(06/21)

家電の海外売上高6割に、パナの22年度目標(06/21)

セイコー、高級腕時計の販売を加速(06/21)

コマツ、新システムなど提供でシェア維持へ(06/21)

TTC、ベンツ認定の塗装センターを開業(06/21)

タイ医薬品傘下の配送会社、ヤンゴンに拠点(06/21)

ホンダ、新型HR―Vを7月8日発売(06/21)

タイ在住の出稼ぎ労働者、42万人の登録完了(06/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン