• 印刷する

GaN用いた半導体材料、韓国で初開発

韓国の半導体材料メーカー、IVワークスが21日、パワー半導体向けのトランジスタ材料である窒化ガリウム(GaN)ウエハーの国産化に初めて成功したと発表した。

同社はシリコン基板上にGaN結晶が成長した直径8インチのエピタキシャルウエハー(エピウエハー)と、炭化ケイ素(SiC)基板上にGaN結晶が成長した直径4インチのエピウエハーを開発した。

これを用いた次世代パワー半導体は、高効率の電力変換分野や無人自動車のセンサー、防衛産業用レーダー、次世代通信規格「5G」分野に用いられる。

IVワークスは国内および海外の企業と提携し、5Gと防衛産業分野に進出する計画だ。

IVワークスはGaNを用いた半導体材料を韓国で初めて開発した(同社提供)

IVワークスはGaNを用いた半導体材料を韓国で初めて開発した(同社提供)


関連国・地域: 韓国
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

韓国の競争力、世界で15位=WEF(15:55)

サムスン、カナダに7カ所目のAIセンター(15:55)

現代自、仏2社と燃料電池車などで協力(17:02)

化粧品ODM韓国コルマー、中国に第2工場(16:39)

テイクオフ:17年も待ちました——…(10/17)

東レがフィルター合弁設立 空気清浄機用、アジア需要に対応(10/17)

韓進会長が在宅起訴、裁判では実刑判決も(10/17)

現代タインコン「グランドi10」がリコール(10/17)

18年連続で満足度1位、韓国富士ゼロックス(10/17)

製造業、10~12月期の景況見通しが悪化(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン