• 印刷する

5月20日「追悼の日」、今年から休日に

カンボジア政府は20日、今年から毎年5月20日を旧ポル・ポト政権による大量虐殺の犠牲者を悼み、殺りくの歴史を繰り返さないことを誓う「追悼の日」とすることを政令で定めた。これにより、5月20日は祝日(公休日)となった。20日付プノンペン・ポストなどが伝えた。

追悼の日が加わったことで、カンボジアの祝日は年間28日に増える。5月はこれまでもメーデー、王室始耕祭、シハモニ国王誕生日など祝日が最も多い月だったが、さらに祝日が増えることになる。

5月20日はポル・ポト政権崩壊後、1984年に「憎しみの日」として祝日とされたが、91年のカンボジア和平パリ協定調印をきっかけに、いったん祝日ではなくなった。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

EUのコメ課税は貿易法違反 商業省が批判、法的措置も検討(01/21)

証取所の外国人投資家、18年は19%増(01/21)

中国江蘇省企業、プルサットで綿花栽培(01/21)

カンボジア人にタイで技術研修、日本が支援(01/21)

ゴム輸出税の引き下げ検討、免税範囲も拡大(01/21)

KDDI、統合マネージドソリュの提供開始(01/21)

タイからのエアコン輸入、18年は1600万ドル(01/21)

シエムレアプ、ゴミ処理場の移転検討(01/21)

通信塔建設で外国3社と覚書、ICT省(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン