• 印刷する

1月の訪日中国人、春節影響でほぼ横ばい

日本政府観光局(JNTO)は21日、1月に日本を訪れた中国人旅行者が前年同月比0.3%増の63万2,300人だったと発表した。春節(旧正月)のずれの影響で伸びは限定的だったものの、1月の訪日者数としては過去最高を記録した。

昨年は1月末にあった春節が今年は2月中旬となったため、1月の訪日者数は微増にとどまった。訪日クルーズ需要の好調や、査証(ビザ)発給要件の緩和に伴う個人旅行者の増加が訪日者数の伸びを下支えた。

1月の訪日外国人旅行者は、全体では9.0%増の250万1,500人で、1月としては過去最高だった。国・地域別では韓国からの訪日者数が28.5%増の80万3,800人と最も多く、中国は2位となっている。


関連国・地域: 中国-全国日本
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

中国人寿保険、インドネシアの生保市場参入(17:01)

LGD、上期の有機ELパネル売り上げ倍増(17:33)

米中が貿易協議を再開、今月下旬に次官級(18:37)

米国債保有残高、13カ月連続で中国が首位(19:05)

韓中の雑貨店が店舗網拡大 ムムソの偽装表示、政府が調査へ(08/16)

ディズニーが大湾区から集客 優待措置を実施、大橋効果に期待(08/16)

テイクオフ:広州の街中を歩いている…(08/16)

中韓の産業競合度高まる お得意様からライバルへ(08/16)

地方に債券発行の加速を指示 投資てこ入れ、インフラ建設強化(08/16)

6.5%の成長目標に自信、米と貿易摩擦でも(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン