• 印刷する

1月の訪日中国人、春節影響でほぼ横ばい

日本政府観光局(JNTO)は21日、1月に日本を訪れた中国人旅行者が前年同月比0.3%増の63万2,300人だったと発表した。春節(旧正月)のずれの影響で伸びは限定的だったものの、1月の訪日者数としては過去最高を記録した。

昨年は1月末にあった春節が今年は2月中旬となったため、1月の訪日者数は微増にとどまった。訪日クルーズ需要の好調や、査証(ビザ)発給要件の緩和に伴う個人旅行者の増加が訪日者数の伸びを下支えた。

1月の訪日外国人旅行者は、全体では9.0%増の250万1,500人で、1月としては過去最高だった。国・地域別では韓国からの訪日者数が28.5%増の80万3,800人と最も多く、中国は2位となっている。


関連国・地域: 中国-全国日本
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:弊社の入居するオフィス…(10/22)

日本からの投資3分野に期待 行政長官、イノベ・建設など(10/22)

7~9月のGDP6.5%増 0.2P減速、9年半ぶり低水準(10/22)

1~9月の鉱工業生産6.4%増、伸び率鈍化(10/22)

工業設備稼働率、3Qは76.5%に下落(10/22)

韓国投資証券、香港法人を有償増資(10/22)

新鴻基、騰訊と戦略提携=スマホ決済普及へ(10/22)

貿易の利便性向上へ、書類削減や時間短縮(10/22)

啓碁が茂迪の工場を買収、台湾での生産強化へ(10/22)

UBS幹部、本土で拘束か=出張回避も(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン