• 印刷する

スタートアップ投資、17年は2.9億ドル

ベトナムで起業研修コース(アクセラレーター)を展開するトピカ・ファウンダー・インスティテュート(TFI)によると、2017年にベンチャーキャピタル(VC)などがベトナムのスタートアップ企業に出資した金額は、前年比42%増の2億9,100万米ドル(約314億円)に上る。出資件数は、前年の2倍近い92件だった。18日付ダウトゥ電子版が報じた。

大型案件としては、レストランの口コミサイト「フーディー」などを運営するフーディーに対するシンガポールのIT企業、シー(旧ガレナ)による6,400万米ドルの出資が最大で、株式の82%を取得した。シーはこのほか、フィンテック企業とロジスティクス企業の2社に合わせて約5,000万米ドルを出資しており、ベトナムのスタートアップ企業に対する最大の出資者となった。

出資先を分野別でみると、電子商取引(EC)が8,300万米ドルと最も多く、次いでフードテック(食品関連産業にIT技術を融合した事業)は6,500万米ドル、フィンテックは5,700万米ドル、コミュニケーションは1,800万米ドルなどとなっている。また、出資案件92件のうち、地場の投資家による出資が64件と外国投資家の28件を上回っているものの、金額ベースでは地場が4,600万米ドル、外国は2億4,500万米ドルと逆転している。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ミャンマーと越経済に10年の差 工業団地の整備で投資誘致に明暗(01/27)

南シナ海での主権強調、ベトナム党大会(01/27)

重要な1年、対米関係が左右=三菱UFJ(01/27)

ホンダ、四輪のベトナム生産が累計10万台に(01/27)

発着枠超える航空券販売、企業に中止指示(01/27)

ベトナム航空、日本線3月27日まで運休(01/27)

国外退去命令の外国人、93%は中国人=入管(01/27)

ベトテルポスト、ホーチミンに自動物流施設(01/27)

6空港の建設・拡張をPPPで、当局提案(01/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン