• 印刷する

スタートアップ投資、17年は2.9億ドル

ベトナムで起業研修コース(アクセラレーター)を展開するトピカ・ファウンダー・インスティテュート(TFI)によると、2017年にベンチャーキャピタル(VC)などがベトナムのスタートアップ企業に出資した金額は、前年比42%増の2億9,100万米ドル(約314億円)に上る。出資件数は、前年の2倍近い92件だった。18日付ダウトゥ電子版が報じた。

大型案件としては、レストランの口コミサイト「フーディー」などを運営するフーディーに対するシンガポールのIT企業、シー(旧ガレナ)による6,400万米ドルの出資が最大で、株式の82%を取得した。シーはこのほか、フィンテック企業とロジスティクス企業の2社に合わせて約5,000万米ドルを出資しており、ベトナムのスタートアップ企業に対する最大の出資者となった。

出資先を分野別でみると、電子商取引(EC)が8,300万米ドルと最も多く、次いでフードテック(食品関連産業にIT技術を融合した事業)は6,500万米ドル、フィンテックは5,700万米ドル、コミュニケーションは1,800万米ドルなどとなっている。また、出資案件92件のうち、地場の投資家による出資が64件と外国投資家の28件を上回っているものの、金額ベースでは地場が4,600万米ドル、外国は2億4,500万米ドルと逆転している。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

韓中の雑貨店が店舗網拡大 ムムソの偽装表示、政府が調査へ(08/16)

三菱、MPV「エクスパンダー」を輸入販売(08/16)

韓国の車部品オリエント、売上倍増の見込み(08/16)

配車アプリのファストバイク、サービス開始(08/16)

宅配ニンジャバン、新規登録で無料サービス(08/16)

プラごみ滞留は問題なし=ベトナムプラ協会(08/16)

ビナミルク、無償増資で3億株発行(08/16)

月餅商戦が本格化、ファミマも予約開始(08/16)

韓国ポスコ大宇、越企業との穀物取引拡大へ(08/16)

廃棄物処理ベターワールド、越で事業化調査(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン