• 印刷する

テイクオフ:箱を開けると明るい声が…

箱を開けると明るい声が上がった。社内イベントの日、ローカル社員の注文したケーキがオフィスの話題をさらった。滝を思わせる円柱のフォルムで、高さは40センチほどあるだろうか。さすがフィリピン、センスがダイナミックだね――カシャカシャとスマホカメラのシャッター音が響く。

撮影が一段落したところで、室内がふと静かに。ところでこれ、どうやって切り分けよう。なにしろ高さ40センチ。直径より高さの方が長い構造だけに、4等分にしたあたりで倒壊が始まりそう。当地でときどき話題になる「構想は立派だが運用時になって課題が発覚するインフラ開発」が頭をよぎる。

数分後、ベテラン社員の奮闘によってケーキは10人の皿に分けられた。岩盤崩落、堤防決壊、液状化、といろいろあって外観は当初からだいぶ変わったが、十分おいしかった。写真に撮っておいて良かった。(成)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

2019年の祝休日発表、合計19日(14:09)

外食マックス、下半期に50店を新規出店(13:58)

7月の外国人証券運用、5300万ドル買い越し(12:17)

今年の衣料品輸出2割増へ 米中貿易摩擦で工場移転も(08/17)

14カ月給与法案、労使双方の意見を聴取(08/17)

【アジア三面記事】知事の反論(08/17)

食品の関税引き下げ案、閣僚級委員会が否認(08/17)

二輪車TVS、フィリピンで新モデルを発売(08/17)

中期開発計画、17年は27件にODAが貢献(08/17)

【予定】17日 米国糖尿病エデュケーター学会議ほか(08/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン