化粧品エイボン、豪NZ事業から撤退

英国の化粧品大手エイボン・プロダクツはこのほど、年末までにオーストラリアとニュージーランド(NZ)事業から撤退する計画を明らかにした。これにより両国で220人が失職する見込み。また、オーストラリアでは代理店2万1,400件との販売契約が打ち切られる。同社は今後、販売が拡大している欧州や中東、アフリカに注力するとしている。シドニー・モーニング・ヘラルドなどが伝えた。

エイボンはもともと米国企業で、現在も同国で上場を続けている。代理店契約を基にした訪問販売で、1963年にオーストラリアへ進出。NZでは、事業開始から55年が過ぎていた。

ただ、事業低迷から2016年には本社を主力市場である英国に移動させ、事業再編のために全世界で2,500人を解雇し、事業展開も縮小させるとしていた。

オーストラリアで、昨年末に代理店契約を結んだ女性は「準備で200豪ドル(約1万6,820円)を支払ったが、契約時に撤退について話はなかった」とし、エイボンへの不満を述べた。


関連国・地域: オーストラリアニュージーランド米国欧州
関連業種: 化学・石化商業・サービス雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

豪車販売企、国内初の日本ペイント商品販売(18:40)

アダニ、資金調達でQLD石炭港権益放出へ(18:40)

〔オセアニアン事件簿〕QLD4市長が停職処分、収賄や偽造容疑で(18:40)

テイクオフ:毎朝会社に新聞を配達す…(05/23)

豪連邦、州インフラ補助減額 過去5年間で最少の215億$(05/23)

ワンネーション党、法人税減税の支持撤回(05/23)

〔政治スポットライト〕豪中外相会談、2国関係改善で意見交換(05/23)

豪のごみ問題深刻化、日本の焼却技術に注目(05/23)

源泉徴収票が7月から段階的廃止、電子化へ(05/23)

AGLがリデル火電売却拒否、政府は強制も(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン