陸上庁、地中埋込型「信号」の設置試験延長

シンガポール陸上交通庁(LTA)は14日、地中埋込型の発光ダイオード(LED)照明を道路に設置する試験事業で、実施期間を2018年末まで延長すると発表した。

LTAは17年5月、歩行者の安全確保に向けて、繁華街オーチャードのブヨン・ロードと中心部のビクトリア・ロードに地中埋込型LED照明を試験設置すると発表。横断歩道の手前に直線型LED照明を埋め込み、信号の色に合わせて青や赤に変わる仕組みで、当初は6カ月の試験期間を予定していた。歩行者から「安全性が向上した」との意見が寄せられたことから、試験期間の延長を決めた。

今後は、対象を中心部のセントアンドリュー・ロードとベンクーレン・ロードにも拡大する。この2カ所では、矢印型の青色照明と直線型の赤色照明の2種類を埋め込み、信号に合わせて照明が点灯・点滅する方式を導入。この2カ所でもそれぞれ点灯方法を変えることで、有効性の高さを検証する。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 運輸・倉庫政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シンガポールでは、ここ…(05/21)

科学技術庁から新会社が誕生 シリコンフォトニクスを商用化(05/21)

卸売り販売額、1~3月期は7%上昇(05/21)

リー首相、マハティール新首相と会談(05/21)

シンガポールに局長派遣、日本政府(05/21)

シンガポール航空、通期利益7年ぶり高水準(05/21)

SIA、シルクエアー統合で客室設備刷新(05/21)

電動スケーターのシェア始動、乗り捨て可能(05/21)

MRT南北線、6月週末に5駅で短縮営業(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン