中国と作業部会、南シナ海の資源共同探査で

フィリピン、中国の両国政府はこのほど、両国が領有権を主張する南シナ海の海域での石油・ガス資源共同探査に向けた特別作業部会を設置することで合意した。フィリピンのロマナ駐中国大使が明らかにした。資源の共同開発には、相手側の領有権を事実上認めることになるなど、複雑な…

関連国・地域: 中国フィリピン
関連業種: 天然資源政治


その他記事

すべての文頭を開く

戦略的な産業に優遇付与 貿易産業省などが東京で講演(01/18)

三菱商事、アヤラへの出資比率6.6%に低下(01/18)

【アジア三面記事】呪われたスーツケース(01/18)

中国企業と組み信用評価にAI導入、BPI(01/18)

ATM代替アプリ、2年で取引額20億円超に(01/18)

17日為替:$1=52.410ペソ(↓)(01/18)

IBMが技術教育課程開設、東南ア2カ国目(01/18)

中国OPPO、新ブランドでシェア拡大へ(01/18)

官民で海事人材を強化へ、大統領令受け(01/18)

港湾大手、三井E&Sの環境型クレーン導入(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン