中国と作業部会、南シナ海の資源共同探査で

フィリピン、中国の両国政府はこのほど、両国が領有権を主張する南シナ海の海域での石油・ガス資源共同探査に向けた特別作業部会を設置することで合意した。フィリピンのロマナ駐中国大使が明らかにした。資源の共同開発には、相手側の領有権を事実上認めることになるなど、複雑な…

関連国・地域: 中国フィリピン
関連業種: 天然資源政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:フィリピンにもハロウィ…(10/24)

PEZA優遇維持へ、長官がロビー活動継続(10/24)

財政赤字、1~9月は前年比78%増(10/24)

23日為替:$1=53.815ペソ(↓)(10/24)

EC拡大受けアヤラが合弁で物流会社(10/24)

ダバオ空港など開発、運輸省が2社に優先権(10/24)

メトロパシ、インドネ高速道に22.5億円投資(10/24)

配車グラブ、安全向上へ投資を倍増(10/24)

サンロケ水力発電所、サンミゲルが増強検討(10/24)

メガワールドのカビテ開発、初のコンド(10/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン