渋谷の比政府保有地、売却せず開発へ

フィリピンのドミンゲス財務相はこのほど、東京都渋谷区南平台の政府保有地を売却せず、新大使館や大使館職員用の宿舎などを建設する方針を示した。14日付マニラタイムズなどが伝えた。

南平台の土地は、1956年に日本政府と締結した太平洋戦争の賠償協定に基づいてフィリピンに移管された不動産のひとつ。面積は約4,800平方メートルに上る。

政府は当初、売却する予定だったが、2008年に実施した入札で応札した企業がなかったため、扱いは宙に浮いている。

ドミンゲス財務相によると、財務省は同用地の売却を中止し、代わりに3棟の建物を建設する計画。これらを大使館や職員用宿舎、公文書保管庫、在住フィリピン人の集会場などに利用する方針だ。

財務省は外務省と共同で、開発計画を策定する予定。資金は国債発行で調達し、職員用宿舎の賃貸料を債務返済に充てることを検討している。


関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 建設・不動産政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本の昭和の象徴は何だ…(05/23)

比人看護師・介護士候補313人 国家資格合格目指し6月出国(05/23)

租税特赦法案、政府は6月までの可決目標(05/23)

税制改革第2弾の前に第1弾見直しを、下院(05/23)

政府債務返済額、1Qは16%減の2080億ペソ(05/23)

22日為替:$1=52.195ペソ(↑)(05/23)

クラーク空港運営、日系含む数社が応札検討(05/23)

ビサヤ―ミンダナオ送電網、国家重要事業に(05/23)

シティコア、太陽光発電所5カ所を買収(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン