一帯一路で6位の有望市場 マレーシアでの関連事業は30件

英不動産大手ナイトフランクは、中国が主導する広域経済圏構想「一帯一路」の沿線にある69カ国・地域を対象に投資環境を順位付けした「一帯一路インデックス(BARI)」を発表した。首位はシンガポールで、マレーシアは6位だった。沿線諸国では中国の資金力を後ろ盾に大規模な…

関連国・地域: 中国タイベトナムミャンマーラオスマレーシアシンガポールフィリピンニュージーランドロシア中東欧州
関連業種: 運輸IT・通信マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:生活にITが欠かせなく…(09/30)

アジア新興国の成長率、20年は0.9%=世銀(09/30)

【4000号特集】アジア経済はいずれ回復する 中尾ADB前総裁に聞く(09/30)

今年GDPは4.9%減、世銀が予測下方修正(09/30)

NEC現法、官公庁向け大型案件に意欲(09/30)

国営電力、ジョ州LNG火力への出資70%に(09/30)

RM1=25.4円、$1=4.16RM(29日)(09/30)

4Q景況感は3期連続のマイナス圏、D&B(09/30)

給与補助金制度、30万社に118億リンギ支給(09/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン