グラブの累計赤字、3年余りで約1兆ドン

配車アプリ「グラブ」を運営するグラブ・ベトナムは、2014年2月~17年10月の期間の累計赤字が9,380億ドン(4,130万米ドル、約44億8,810万円)に上っている。税務総局が明らかにしたもので、同期間の売上高は1兆7,550億ドン、納税額は1,423億ドンだった。10日付トイバオキンテー電子版が報じた。

グラブの代表によると、事業開始から数年間は、売上金(登録運転手から徴収する手数料)をブランド構築や研究開発などに再投資したため、純損失が生じたという。3兆6,000億ドンを海外に送金したとのハノイタクシー協会の告発については、「まったく根拠がない」と否定した。

グラブは「グラブカー」「グラブタクシー」「グラブバイク」の3種類のサービスを提供している。全ての取引が自動管理システムに記録されており、17年1月から毎月税務当局にデータを提出しているという。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: 運輸・倉庫

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:今年のバレンタインデー…(02/23)

機器回収、アップルなど先導 循環型経済へ課題と商機(上)(02/23)

【アジア三面記事】社内恋愛に国の関与必要?(02/23)

チュオンハイ、乗用車シェア30%目指す(02/23)

HCM市、児童生徒の15~20%をバス通学に(02/23)

ハノイ市、物流開発計画を承認(02/23)

国内航空4社、1月の定時運航率89%(02/23)

ハイオク、今年初の価格引き下げ(02/23)

台プラ越製鉄所、地場企業からの出資受け入れ(02/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン