高齢者介護基金の創設、シンクタンクが提言

タイの民間シンクタンク、タイ開発研究所(TDRI)で社会保障のアドバイザーを務めるウォラワン氏はこのほど、高齢者介護基金の創設を提言した。社会の高齢化が急速に進んでいるため。12日付ネーションが報じた。

ウォラワン氏の提言では、◇基金には40~65歳が毎年500バーツ(約1,700円)を拠出◇拠出額は5年ごとに見直す◇国家保健保障事務局(NHSO)が基金を運営◇基金から介護人などの費用を支出する──などとなっている。

TDRIの調査によると、自宅介護の高齢者は、基礎的介護を受けるために毎月1万バーツが必要。寝たきりの場合は2万バーツとなる。現在は高齢者のうち37万人が他人に依存しているとみられる。

NHSOが現在、高齢者介護策を担当しているが、今年の予算は11億5,000万バーツで、対応できるのは19万3,200人にとどまる。

タイでは2021年には5人に1人が60歳以上になり、政府が対応策を打ち出さない場合、高齢者介護が社会問題になるとみられる。

昨年時点で自宅介護の高齢者は23万5,301人で、そのうち13万6,677人が寝たきり。47年には自宅介護の高齢者は110万人に増加すると予想される。


関連国・地域: タイ
関連業種: 経済一般・統計医療・薬品雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

アユタヤ銀、ベトナム消費者金融の参入先送り(13:55)

テイクオフ:米国のトランプ大統領を…(05/21)

JICA、洪水対策で提言 外郭環状放水路の優先整備を(05/21)

サンキョウホーム、京阪不動産とコンド開発(05/21)

アセットワイズ、ラプラオの低層コンド発表(05/21)

タイ・カンボジア鉄道、6~7月に開業見込(05/21)

首都庁、BTSのエレベーターに8.8億円(05/21)

ボイラーの三浦工業、バンコクに新営業所(05/21)

サイアムシティー、産業用の洗浄事業を買収(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン