品目ごとに異なる課税、政府が鉱業に検討

フィリピンの財務省は、鉱業分野に対して新たな税制の導入を検討していると明らかにした。ニッケルや銅といった品目ごとに異なる税率を適用する考え。包括的税制改革(CTRP)第2弾の法案を補強する「パッケージ2プラス」案に盛り込む予定だ。地元紙ビジネスワールドなどが伝…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 天然資源政治


その他記事

すべての文頭を開く

首都LRT1号線、カビテ延伸を10月着工(13:40)

港湾庁、1Qは9%増収も支出かさみ減益(13:06)

テイクオフ:「あなた方は、両親と国…(05/24)

首都圏のコンド空室率が低下 1Qは12.4%、中国人の需要旺盛(05/24)

石油製品の税徴収停止、1バレル80ドル越で(05/24)

雇用創出に向け外資規制撤廃を、貿易産業相(05/24)

政府系企業の補助金、1Qは2.3倍の1千億円(05/24)

今年の日額最賃上昇は18~20ペソ、中銀(05/24)

サンミゲル、社債発行で210億円調達(05/24)

23日為替:$1=52.470ペソ(↓)(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン