• 印刷する

テイクオフ:どこからか聞こえてくる…

どこからか聞こえてくるピアノの旋律――。高層ビルが立ち並ぶシンガポールのオフィス街の一角に置かれた2台のピアノがその源だ。とある広場に初めて登場した際は、いわゆる普通の黒いピアノだったが、数日たつとカラフルに塗装され、少し派手な外観に様変わりした。最近は、子どもたちやピアノ愛好家がミニコンサートを開いているのを見掛ける。

公共空間にピアノを設置する取り組みは、当地のピアノ好きの若者たち「プレイ・イット・フォワード・シンガポール」が始めたもの。毎年、たくさん廃棄されているピアノを譲り受け、芸術家による塗装や装飾を施し、各地の公共施設などに設置しているという。

仕事を終えたサラリーマンが弾く1曲に耳を傾けながら、アートが未熟と言われる当地でも、じわじわと芸術を愛する土壌が耕されているのだなとうれしくなった。(薩)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

産学連携で5G研究施設を開所 シングテル、ドローンなど検証(01/18)

グーグル、オフィス拡張へ物件賃貸借交渉(01/18)

【アジア三面記事】呪われたスーツケース(01/18)

12月輸出額9%減、2カ月連続マイナス(01/18)

中国企業と組み信用評価にAI導入、BPI(01/18)

柔軟な働き方提供する企業、18年に上昇(01/18)

EAEUとの貿易協定、今年半ばまでに締結(01/18)

野村不動産、東京不動産と資本提携(01/18)

訪日シンガポール人、18年は過去最高更新(01/18)

NETS、屋台向けに同日清算サービス導入(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン