印首相に和平の役割期待、パレスチナ自治政府

【カイロ共同】パレスチナ自治政府のアッバス議長は10日、ヨルダン川西岸のパレスチナ自治区ラマラでインドのモディ首相と会談した。トランプ米大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認定したことを受け、アッバス氏は米国が主導しない形での新たな和平プロセス構築を目指してお…

関連国・地域: インド
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インド人はディワリ(灯…(10/29)

今年も首都圏で大気汚染悪化 野焼き原因、コロナ影響懸念も(10/29)

ユニクロ、オンライン販売を開始(10/29)

スズキとMS、運転免許試験システム開発(10/29)

JBIC、国営銀に融資で自動車産業を支援(10/29)

タタの携帯電話部品工場、南部州で着工(10/29)

携帯エアテル、ガーナからの撤退を発表(10/29)

タタ自の7~9月、赤字は31.4億ルピーに縮小(10/29)

電動車キネティック、ゴルフカート工場計画(10/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン