• 印刷する

丸紅とIHI、都市間鉄道の車両受注

丸紅とIHIのグループ会社、新潟トランシス(NTS)は9日、ミャンマー国鉄の2大都市ヤンゴンとマンダレーを結ぶ幹線鉄道向けに電気式気動車24両を納入する契約を結んだと発表した。受注額は70億円。丸紅が商務全般を担い、NTSが車両の設計、製造、教育訓練などを担当する。

日本政府が円借款450億円の供与を決めているヤンゴン―マンダレー鉄道整備事業の第1期として、既存路線の老朽化した設備を改修、近代化する事業パッケージの一つ。納入する気動車はヤンゴンからマンダレーへ向かう中間地点のバゴー管区タウングーまでの267キロを走ることになる。同区間の所要時間を現在の7時間から3時間20分に短縮できるという。

NTSはディーゼル車両の国内トップメーカー。鉄道車両を中心に国内外の交通システム、低床式路面電車、除雪車の製造を手掛ける。アジアでの受注に力を入れている。

丸紅は1942年にミャンマー支店を開設。最近ではヤンゴン近郊のティラワ経済特区(SEZ)の開発や、ヤンゴンのタケタ郡区にある複合火力発電所の改修にも取り組んでいる。


関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: その他製造運輸小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

ミャンマーに記者釈放訴え、米下院が決議採択(00:49)

18年の成長率予測引き下げ 世銀、難民問題に大きな懸念(12/14)

〔寄り道〕「10年は日本でやる。日本の技術を…(12/14)

三菱商事合弁、ヤンゴンでいすゞ販売店開所(12/14)

米、緬を宗教の自由懸念の10カ国に指定(12/14)

迫害、証拠も提出を=ロヒンギャ調査で独立委(12/14)

ヤンゴン政府、一部郡区でのバイク容認検討(12/14)

汚職防止委、ヤンゴンなどに支所を開設へ(12/14)

蒸留酒MDC、スコッチの瓶詰・販売開始へ(12/14)

米ビザ、金融知識サイトのビルマ語版を開設(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン