対日エビ輸出に供給確保課題、JICA調査

ミャンマー商業省傘下の輸出振興組織ミャントレードが日本の国際協力機構(JICA)の支援を受けて実施した調査で、日本へのエビ輸出拡大には充分な供給量の確保などが課題であることが分かった。日本はミャンマー産エビの最大の輸出先。調査結果は3月に正式発表される予定。 2…

関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 食品・飲料農林・水産マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

政府、金の取引所開設へ=合法輸出を拡大(08/16)

国内歳入局、モバイル納税システム導入計画(08/16)

DICA、教育分野投資で追加ガイドライン(08/16)

タイ政府、ラカインのエビ養殖事業を支援(08/16)

水力発電所27カ所が稼働、8カ所が建設中(08/16)

イタリア、チン州の電化支援に3千万ユーロ(08/16)

寺院の庭園整備、バガン世界遺産指定で問題視(08/16)

工業団地アマタ、ミャンマーなどに子会社(08/16)

22日はイスラム教犠牲祭で公休、政府発表(08/16)

スー・チー氏と初会談、独立委の大島氏ら(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン