12万ドル超の現金持ち込み、税関申告義務に

香港では、入境時に12万HKドル(約168万円)を上回る現金、同額に相当する約束手形やトラベラーズチェックなどを持ち込む場合に税関への申告が義務付けられる。関連する条例が早ければ今年下半期(7~12月)にも発効する見通しだ。8日付サウスチャイナ・モーニングポストが伝えた。

条例案は昨年、立法会(議会)を通過した。犯罪収益やテロ資金が香港に流入するのを防ぐことが目的。現在は入境者が持ち込む額に制限を設けていない。

トウ以海(エルメス・タン、トウ=登におおざと)香港税関長は7日、新制度に対応するため、現金のにおいを嗅ぎ分ける探知犬のチームとコンピューターシステムを準備中だと明らかにした。「現金探知犬」とその調教師は英国で10週間のトレーニングを受けるという。現金探知犬は、香港国際空港(チェクラプコク空港)のほか、羅湖や落馬洲支線などの主要な出入境検問所で活動する。

申告義務に違反すると、最大で2年間の実刑と50万HKドルの罰金が科される可能性がある。新制度は貴金属や宝石には適用されない。


関連国・地域: 香港
関連業種: 経済一般・統計運輸・倉庫社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新商品投入、香港市場の鍵に 一田百貨・黄CEOインタビュー(07/20)

宝飾の六福、4~6月は既存店22%増収(07/20)

【予定】20日 6月消費者物価指数ほか(07/20)

初の石川県物産商談会、47社・団体が出展(07/20)

【訃報】村松誠氏(元日本通運副社長)(07/20)

米の対中関税、香港企業に4点の自衛策(07/20)

工貿署、中小企業支援策を8月からに前倒し(07/20)

香港グローリーフレーム、子会社2社設立(07/20)

香港イノベーションランク、14位に上昇(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン