• 印刷する

コカコーラが人員削減、飲料課税が要因か

フィリピンの飲料大手であるメキシコ系コカ・コーラFEMSAフィリピンは、人員削減を柱とするリストラを実施すると発表した。今年1月に施行された税制改革法(TRAIN)で、加糖飲料に新税が課せられ、経営が厳しくなっていることが背景にあるとみられる。7日付インクワイラーなどが伝えた。

同社は声明で、「飲料業界の経営環境と規制環境の変化」がリストラの理由と指摘。生産効率などさまざまな要素を検証した結果、「苦渋の決断」としてリストラに踏み切ることを決めたと説明した。

フィリピン政府は税制改革法によって、ジュースや炭酸飲料などの加糖飲料に新たな税を課した。高果糖コーンシロップ(HFCS)を含む飲料には1リットル当たり12ペソ(約25円)、HFCS以外の甘味料を使用した飲料には6ペソが課税される。

コカ・コーラFEMSAフィリピンの声明は、加糖飲料への課税に言及していないが、同社幹部は先に、課税により事業環境が厳しくなることを指摘していた。同社は国内で約8,000人を雇用している。人員削減の規模は明らかにしていないが、一部メディアは600人程度と報じている。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 食品・飲料マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

18年の農業生産額0.6%増、2年連続で上昇(14:00)

スービック港、貨物取扱年間20万トン達成(16:37)

投資プレミア、カタール企業から融資(16:12)

テイクオフ:アラバンに住んでいます…(01/24)

結核検査キットを世界展開へ 栄研、フィリピン足掛かりに(01/24)

ANA、フィリピン航空との提携強化検討か(01/24)

クラーク空港運営、JGなどの連合が契約(01/24)

国産ハイブリッド鉄道車両、3月から試験(01/24)

自治地域樹立で成長に弾み、NEDA見解(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン