• 印刷する

外食ジャンボが西安進出、中国合弁通じ

チリクラブで有名なレストラン「ジャンボ・シーフード」などを経営するシンガポールの外食チェーン、ジャンボ・グループは1日、中国・西安に進出すると発表した。合弁会社JBHG F&Bサービシズ(北京、JVC)が同地に、事務所とジャンボ・シーフードブランドのレストランを開設するという。

ジャンボは昨年3月、間接子会社ジャンボF&Bサービシズ(上海、JFB上海)が北京華連(SKP)百貨と合弁会社を設立することで合意したと発表していた。JVCへの出資比率はJFB上海が51%、SKP百貨が49%。西安進出に伴い、1,300万人民元(約2億2,700万円)の資本増強を実施する。追加出資の内訳はJFB上海が663万人民元、SKP百貨が637万人民元。

ジャンボは2013年に中国に進出しており、現在は上海に4店舗、北京に1店舗を構える。西安進出は、中国の他の主要都市に展開を広げる戦略の一環だ。同社は昨年12月、現地企業とのフランチャイズ契約により、ジャンボ・シーフードの台湾1号店もオープンしている。


関連国・地域: 中国シンガポール
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナウイルスの感…(07/08)

コロナ禍で雇用政策が争点 20年総選挙、有権者の選択(上)(07/08)

職場感染が増加基調、経済活動の制限解除で(07/08)

新形態の投資ファンド、半年で78社設立(07/08)

香港金融AMTD、フィンテック企業を買収(07/08)

PHCHD、ライフサイエンス企業を子会社化(07/08)

シンガポールとの往来再開、8月頭にも合意(07/08)

NTTデータ、NZ企業と研究拠点設置(07/08)

新規感染157人、計4万5千人超(7日)(07/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン