米オムニ、太陽光発電に5億ドル投資

太陽光発電事業を手掛ける米オムニ・ナビタスは、カンボジアに東南アジア最大級の太陽光発電所を建設する計画を明らかにした。投資額は5億米ドル(約547億円)。候補地は選定中だが、南西部ココン州が濃厚という。クメール・タイムズ(電子版)などが1日に伝えた。 オムニ・ナビ…

関連国・地域: カンボジア米国
関連業種: 電力・ガス・水道社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

スマートシティー構想に課題 基本計画なく、都市機能低下も(05/23)

小口金融HKL、タイ格付け機関がBBB+(05/23)

携帯メットフォン、高速4.5Gサービス開始(05/23)

北京の進出企業、商工会組織を発足(05/23)

連棟住宅の需要増、17年時点で計画500棟(05/23)

コメ貯蔵乾燥施設3カ所、7月に完工予定(05/23)

総選挙で16政党の登録認可、4党は審査延長(05/23)

不敬罪で2件目の逮捕、70歳の理髪師(05/23)

【カンボジア街歩き】3大問題に悩むプノンペン 第14回(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン