【ラオス経済通信】最低賃金改正を協議 第121回

現地報道によると現在、ラオス政府内で民間企業の法定最低賃金の改正について協議が進められている。ラオスの最低賃金は労働・社会福祉省、労働組合連盟、ラオス商工会議所の3者協議を経て3年に一度程度の頻度で改正されてきたが、2015年5月1日に規定されていた月90万キープ(…

関連国・地域: ミャンマーラオス
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

21年12月のインフレ率、5.3%に(01/26)

25日はコロナ感染560人、死者2人(01/26)

【新ラオス法】第35回・村レベルの紛争解決について(後半)(01/26)

有機肥料の生産、地場2社が提携(01/25)

24日はコロナ感染340人、死者1人(01/25)

(表)新型コロナウイルス感染者数(24日)(01/25)

【日本の税務】現地スタッフ採用時の文化的配慮について(01/25)

仮想通貨取引所、2カ所が運営開始へ(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン