• 印刷する

労働雇用省、クウェートへのOFW派遣停止

フィリピンのベリヨ労働雇用相は19日、クウェートでフィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)7人が虐待死したことを受け、同国へのOFW派遣を一時的に停止する命令を発出した。海外雇用局(POEA)に対し、同国向けの全ての労働者に関する海外雇用証明書(OEC)の手続きと発行を直ちに停止するよう指示した。

労働雇用省によると、死亡した7人は家事手伝いの女性で、派遣先で虐待や性的暴行を受けたとみられている。ほとんどが16年にクウェートに渡航した。

地元メディアのラップラーによると、OF仲介業者のエマヌエル・ゲスラニ氏は、「停止令を出しても違法なあっせん業者は国内で業務を続ける」と指摘し、同令に反対の立場を示した。「労働雇用省が2007年にレバノン、14年にアラブ首長国連邦(UAE)について、同様の派遣停止令を出した際は、観光ビザで入国して就労する違法就労者が増えた」という。

一方でLBSリクルートメント・ソリューションズのリト・ソリアノ社長は、「(停止令を出している間に)二国間で労働者の権利保護について協議すれば、労働環境の改善につながる」とコメントし、同令を支持した。

外務省によると、クウェートには、約25万人のOFWが滞在している。


関連国・地域: フィリピン中東
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

清水建設、600億円超のインフラ工事受注(14:39)

日系航空が運航継続、地場勢は運休延長(04/08)

新型コロナ感染者4195人に、死者は221人(18:37)

金宝電子、海外3拠点で医療物資生産(04/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン