株価反発、セムマリンは9.5%高

19日のシンガポールの株式相場は反発。ST指数の終値は前日比29.05ポイント(0.82%)高の3,550.36。売買高は14億7,040万株、売買代金は13億9,980万Sドル(約1,174億円)だった。値上がり銘柄は271で、値下がりは165。 個別銘柄では油田開発用リグ(掘削装置)大手セムコープ・…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: その他製造金融天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

地場の廃棄物処理、マレーシア同業を買収(18:32)

AIアントワークス、文書管理の指南書提供(19:33)

大中華圏の利益が5年で3倍、OCBC銀(18:32)

就学前・高等教育の支援強化、次年度から(18:32)

テイクオフ:今月9日は、シンガポー…(08/19)

定年65歳・再雇用70歳へ 30年までに、積立基金も引上げ(08/19)

5カ月連続輸出減、通年で10年ぶり低水準も(08/19)

起業家精神や海外志向、東南アジアで最低水準(08/19)

クラーク国際空港の運営、民間引き継ぎ(08/19)

フィンテック資金調達額、上期は4倍近く(08/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン