• 印刷する

テイクオフ:タイで上映が禁止されて…

タイで上映が禁止されている、英国人家庭教師とタイの国王を題材にした1999年の米国映画を遅ればせながら鑑賞した。映画は国外で撮影されたと聞くが、大がかりなセットに、衣装や髪型、小物まで凝っていて、「もしかしてタイの昔は本当にこんな感じだったのかも」と思わせる。ただ、重要な役から端役までタイ語がぎこちなく、最後まで外国人が日本人を演じた映画を見ているような違和感が残った。

鑑賞後にタイのインターネット掲示板でタイ人の感想を見てみると、「英国人視点の映画」「ストーリーがメロドラマのようで残念」「タイ語が変」と否定的な見方が多かったほか、「有名になったのはタイで上映が禁止されたから」との指摘もあった。

タイ人が積極的に関わっていたらどのような映画になったのか、架空のタイバーションに思いを巡らせた。(桃)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

飲料F&N、タイのスターバックス買収(16:01)

4月車生産、半年ぶり2桁増 輸出用は鈍化傾向も国内向け好調(05/24)

東南アジアの駐在コスト増加 通貨高が影響、今年も上昇基調(05/24)

マグウェーの太陽光発電所、月内に一部稼働(05/24)

4月の車輸出7.5%減、対欧州など振るわず(05/24)

東南アのオフィス賃料、2都市で2桁上昇(05/24)

首都西部の高速道建設、中国勢が過半受注へ(05/24)

首都空港の免税店運営事業、3社が応札(05/24)

マプタプット港拡張の入札報告、28日に提出(05/24)

発電公団の燃料用パーム油調達、供給未達(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン