• 印刷する

不動産キャピタル、ジョ州に大型テーマパーク

シンガポールの不動産開発キャピタル・ワールドは15日、マレーシア南部ジョホール州ジョホールバルに世界でも5本の指に入る大型の屋内テーマパークを開業すると発表した。13日には関係者600人余りを招待し、テーマパークの概要を説明。年内の営業開始を予定する。

テーマパークの名称は「キャピタル・シティー」で、◇映画◇アニメのキャラクター◇音楽――をテーマにした3つの区画とショッピングモール、ホテルなどから成る。総床面積は約120万平方フィート(約11万1,484平方メートル)。

映画をテーマにした「ムービープラネット」には有名作品をモチーフとした10種類のアトラクションがあり、恐竜の世界やハリウッドスター、お化け屋敷などを拡張現実(AR)や仮想現実(VR)技術を用いて楽しむことができる。

「カートゥーンプラネット」では、アニメのキャラクターと一緒に遊んだり、ARやVRを使ったゲームを楽しんだりできる。

「ミュージックプラネット」では、音楽の生演奏、サーカス、演劇などを提供する。

ジョホールバルはここ数年、製造業からサービス業へのシフトを進めており、特に観光業の発展に力を入れている。キャピタル・ワールドのショー・チェンフー最高経営責任者(CEO)は「キャピタル・シティーはジョホールバルの娯楽のハブになる」と意気込みを示した。


関連国・地域: マレーシアシンガポール
関連業種: 建設・不動産観光メディア・娯楽社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

通信シングテル、CEO報酬が42%減(19:53)

企業が東南アジア重視、米中貿易摩擦で(19:53)

米金融専門家協会、アジア太平洋拠点を開設(19:53)

航空貨物取扱量、5カ月連続で減少(19:53)

テイクオフ:ふと、懐かしいメロディ…(06/27)

クリスエナジー、原油生産へ3D調査を開始(06/27)

勃興する植物工場産業(上) 地場社、来年に大規模施設稼働(06/27)

清掃マッチングで年8万件成約 潔客幇の林文康CEO(06/27)

5月の製造業生産高2.4%低下、マイナス転換(06/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン