《知財》華為、サムスンとの特許訴訟で一審勝訴

深セン市に本拠を構える通信設備・機器の世界最大手である華為技術(ファーウェイ)が韓国のサムスン電子に第4世代(4G)移動通信システムに関する標準必須特許2件を侵害されたと訴えた裁判で、深セン市中級人民法院(地裁に相当)知的財産権法廷は11日、原告勝訴の判決を言い…

関連国・地域: 中国-深セン韓国
関連業種: その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

豪が不当廉売関税で敗訴、中国製品に波及か(16:43)

あおぞら銀、華興資本と業務提携(17:31)

シアヌークビルで大型施設、5億米ドル投資(12/12)

【アジアの本棚】『もっとさいはての中国』(12/12)

テイクオフ:日本の通信キャリアに勤…(12/12)

本土客の保険契約、4Qは減少幅縮小へ(12/12)

車の生産能力、過剰が深刻化 1千万台規模、販売低迷が影響(12/12)

本土の生保外資出資規制撤廃、AIAに商機(12/12)

米中協議継続へ関税延期か、農産品で隔たり(12/12)

中国向けマンゴー輸出解禁へ、最大市場に期待(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン