現代モービス、自動バレー駐車技術を年内開発

韓国現代自動車グループの自動車部品メーカー・現代モービスは、米ラスベガスで開催中の家電見本市「CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)2018」で、自動車が自動で駐車する「自動バレーパーキング(AVP)」を年内に開発すると発表した。

AVPは、自動で駐車場の空車スペースを探して駐車する技術。車両に取り付けたカメラや障害物認識センサー、超音波センサーなどのシステムと、高速移動通信技術、高精細マップなどを組み合わせて実現する計画という。

近く、AVPの前段階となる「遠隔駐車支援技術(RSPA)」を発表する予定。ドライバーが車外からスマートキーの駐車ボタンを押すと、自動車が超音波センサーなどを活用して自動で駐車する技術という。AVPでは駐車できるスペースを車が自動で探すのに対し、RSPAは駐車場所までドライバーが運転する必要がある。

現代モービスはさらに、2021年までに自動車の車輪に電気モーターを取り付け、駆動と静止、方向調整ができる「イー・コーナー」技術を開発することも明らかにした。


関連国・地域: 韓国米国
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

米が大型洗濯機に緊急輸入制限、企業に影響(17:13)

30日から仮想口座の使用禁止、仮想通貨取引(18:13)

ソフトバンク、韓国カメラアプリ会社に投資(17:13)

ITCがサムスンを調査、特許侵害の疑いで(18:08)

17年ICT輸出21%増、7年ぶりの2桁増(18:09)

テイクオフ:退職金を元手に40代や…(01/23)

【日本の税務】海外赴任期間の変更(01/23)

台湾と韓国のLCCがタッグ 2路線で共同運航、訪韓需要増で(01/23)

17年新規自動車登録は5%増 EVやハイブリッド車が大幅増加(01/23)

鋼管メーカー、苦境鮮明に 米反ダンピング措置強化で(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン