現代モービス、自動バレー駐車技術を年内開発

韓国現代自動車グループの自動車部品メーカー・現代モービスは、米ラスベガスで開催中の家電見本市「CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)2018」で、自動車が自動で駐車する「自動バレーパーキング(AVP)」を年内に開発すると発表した。

AVPは、自動で駐車場の空車スペースを探して駐車する技術。車両に取り付けたカメラや障害物認識センサー、超音波センサーなどのシステムと、高速移動通信技術、高精細マップなどを組み合わせて実現する計画という。

近く、AVPの前段階となる「遠隔駐車支援技術(RSPA)」を発表する予定。ドライバーが車外からスマートキーの駐車ボタンを押すと、自動車が超音波センサーなどを活用して自動で駐車する技術という。AVPでは駐車できるスペースを車が自動で探すのに対し、RSPAは駐車場所までドライバーが運転する必要がある。

現代モービスはさらに、2021年までに自動車の車輪に電気モーターを取り付け、駆動と静止、方向調整ができる「イー・コーナー」技術を開発することも明らかにした。


関連国・地域: 韓国米国
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:2006年にスタートし…(04/26)

韓国が工業団地計画、自動車輸出拠点に(04/26)

LGが化粧品エイボンを買収 日系3社目、日本事業を強化(04/26)

海事庁、産業展示会で7つの契約・覚書締結(04/26)

4月消費者心理指数、5カ月連続で下落(04/26)

3月の輸出量指数上昇、電子機器などけん引(04/26)

タインコンと現代の合弁、小型トラック発売(04/26)

2月出生児数が過去最低、27カ月連続減少(04/26)

公取委がLG電子に罰金、下請け法違反で(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン