現代自がグラブに出資、東南アで戦略提携

韓国・現代自動車は11日、配車アプリの開発・運営を手掛けるシンガポールのグラブに出資し、戦略提携を結んだと発表した。共同で東南アジア市場向けの革新的なサービスの開発、展開を模索する。具体的な出資額は明らかにしていない。

東南アジアの配車サービス市場で最大の規模を誇るグラブと組むことで、現代自の電気自動車(EV)「アイオニック・エレクトリック」といったエコカーを活用した新たな移動手段のプラットフォームの提供などを目指す。

グラブは今回、「シリーズG」と呼ばれる、事業が進んだ段階での資金調達を実施。現代自のほか、中国の配車大手、滴滴出行やソフトバンク、豊田通商といった既存株主からも追加出資を受けた。

現代自は2017年1月、米新興企業ウエーブカー(WaiveCar)と組み、アイオニック・エレクトリックを用いて、広告収入で最初の2時間の料金を無料とするカーシェアリングをロサンゼルスで開始。10月にはオランダ・アムステルダムで、初の自社運営となるEVカーシェアサービスをスタートさせた。また11月には、オーストリア・ウィーンのカーシェアサービス「シュタットアウト」(ドイツ語でシティーカーの意)にハイブリッド車(HV)「アイオニック・ハイブリッド」を提供している。

「アイオニック」にはEV、HVのほかプラグインハイブリッド車(PHV)の設定がある。


関連国・地域: 韓国シンガポール
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信金融・保険運輸・倉庫

その他記事

すべての文頭を開く

6月の新規車両登録、15%増 乗用車が好調、6カ月ぶり1万台超(07/20)

TPPを批准、メキシコ・日本に続き3カ国目(07/20)

【アジア三面記事】神隠しの結末は(07/20)

関貿網路、星企業と貿易ブロックチェーンで提携(07/20)

コンフォート、EVタクシー2台の運用開始(07/20)

【予定】20日 6月消費者物価指数ほか(07/20)

配車アプリのグラブ、国立大とAI研究所開所(07/20)

【訃報】村松誠氏(元日本通運副社長)(07/20)

STエンジ、自動運転車で米ライドOSと提携(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン