17年インフレ率2.9%と中銀、金融政策奏功

カンボジア中央銀行によると、2017年のインフレ率は2.9%にとどまった。石油や農産品など一次産品の上昇幅が低く、中銀は、マクロ経済の適正な管理でインフレ率を低く抑えられたとしている。クメール・タイムズ(電子版)が10日伝えた。 チア・チャント総裁は「17年のインフレ率が…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

20年経済成長率はマイナス1.9%、中銀予測(07/15)

ファイナンスリース残高、上半期は43%増(07/15)

北東部州、ラオスとの国境ゲート設置検討(07/15)

東部サケオのカンボジア国境、貿易目的で再開(07/15)

コロナがCLMV貿易に影 対タイ、5月は輸出入とも2桁減(07/14)

サウジから帰国の15人、コロナ陽性(07/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン