• 印刷する

マハティール元首相、次期選挙出馬を表明

マレーシアのマハティール元首相(92)は先ごろ、今年6月までに実施される第14回総選挙に出馬する意向を表明した。2017年12月31日付スターが伝えた。

同氏が設立した野党「マレーシア統一プリブミ党」(PPBM)の年次集会で明らかにした。クダ州ランカウイ島か、行政都市プトラジャヤ、もしくは1974~2004年の30年間に下院議員として議席を守ったクダ州クダンパスから出馬するという。

マレーシア国会下院の任期は5年。マハティール氏は野党連合パカタン・ハラパン(PH)会長も務めており、総選挙で政権が交代すれば、同氏を次期首相に推す動きもある。

マハティール氏は81~03年の22年間、第4代マレーシア首相として政権を担った。16年2月に、ナジブ首相が政府系ファンド「1MDB」から不正に資金を流用したとの疑惑を巡って現政権と対立し、与党連合・国民戦線(BN)の中核、統一マレー国民組織(UMNO)を離党。PPBMを新党として結成し、野党連合PHに合流してナジブ政権打倒を目指している。

■首相在任中の過ちを謝罪

マハティール元首相はPPBMの年次総会の冒頭あいさつで、「もし私が首相を務めていた間に、過ちを犯していたのであれば謝罪したい」と述べた。

マハティール氏が首相在任中の90年代に起きたとされるマレーシア中央銀行(中銀)による巨額の為替損失疑惑や、民族間対立事件などに対して、同氏のリーダーシップや過去の政策への批判が高まっていた。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

デジタル人材の給与上向きか 22年は2%上昇、業界団体が予測(10/15)

新規感染8084人、5日ぶり8千人台(10/15)

RM1=27.3円、$1=RM4.15(14日)(10/15)

UOBが建物省エネに融資、東南ア4カ国で(10/15)

ブースター接種が開始、高齢者などを対象(10/15)

外国人のワクチン接種、約300万人に(10/15)

ビジネス目的の入国、1年で1120社が申請(10/15)

建設業者など、貿産省への操業申請が不要に(10/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン