• 印刷する

テイクオフ:長距離バスに乗って車を…

長距離バスに乗って車を買いに行った。北部州出身の知人がこう話したのは2014年のこと。ショールームまでは200キロ。帰路は買ったばかりの新車で錦を飾るかのごとく戻った。寓話のようだったが現実だ。州内で1カ所のみのショールームは現在4カ所に増えた。

インド経済を語る上で都市部と農村部に市場を大別することが多い。が、農村部の実態を把握しきれないもどかしさがあった。先日は無電化の村落を取材した。行き交う車両は乗用車でなく、生計に直結するトラックだった。ネット環境は第2世代(2G)で接続はおぼつかない。

ただ、これは「夜明け前」。同国は高度経済成長の柱となる人口ボーナスを今後、長期的に迎える。17年に四半期ベースで5%台に落ち込んだ成長率も18年は通年で7%後半に回復する見通し。「中進国のわな」を「若さ」の弾力で飛び越えると信じている。(丑)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新興国の輸入規制に懸念 全体の6割強、印が件数で2位に(10/19)

【アジア三面記事】未亡人の霊?現れる(10/19)

技能移民プログラム、不足の職種を公表(10/19)

中国OPPO、姉妹ブランドのスマホ発売(10/19)

テイクオフ:東南アジアに暮らしてい…(10/18)

住宅供給、7~9月は急減速 消費者が完成済み物件好む傾向も(10/18)

西川ゴムが南ア進出、インド企業との提携で(10/18)

中国長城汽車、21~22年にインドに本格進出(10/18)

ベンガルール電力公社、EV充電施設を新設(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン