テイクオフ:長距離バスに乗って車を…

長距離バスに乗って車を買いに行った。北部州出身の知人がこう話したのは2014年のこと。ショールームまでは200キロ。帰路は買ったばかりの新車で錦を飾るかのごとく戻った。寓話のようだったが現実だ。州内で1カ所のみのショールームは現在4カ所に増えた。

インド経済を語る上で都市部と農村部に市場を大別することが多い。が、農村部の実態を把握しきれないもどかしさがあった。先日は無電化の村落を取材した。行き交う車両は乗用車でなく、生計に直結するトラックだった。ネット環境は第2世代(2G)で接続はおぼつかない。

ただ、これは「夜明け前」。同国は高度経済成長の柱となる人口ボーナスを今後、長期的に迎える。17年に四半期ベースで5%台に落ち込んだ成長率も18年は通年で7%後半に回復する見通し。「中進国のわな」を「若さ」の弾力で飛び越えると信じている。(丑)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

鴻池運輸、鉄道輸送を強化 日系企業の需要取り込み狙う(05/25)

国鉄と公営4社、鉄道網増強などで覚書(05/25)

パソナ現法、中東・アフリカ向け人材を紹介(05/25)

タタ自、昨年度純益は21%増の899億ルピー(05/25)

車部品マザーサン、昨年度は25%増益(05/25)

蘭アクゾノーベル、生産増強に400万ユーロ(05/25)

鉄鋼公社とミタルの製鉄所、オディシャ候補(05/25)

都市ガスのMGL、20万世帯にガス管を敷設(05/25)

アクシアタ、印関連会社の合併が近く完了へ(05/25)

中小企業の破綻処理、株主の応札可能に(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン