インドの企業幹部の景気楽観度、78%に低下

会計事務所大手の米グラント・ソントンが発表した最新の「国際ビジネス報告書(IBR)」によると、インドの企業幹部の78%が国内の経済見通しを楽観視していることが分かった。PTI通信が26日伝えた。

インドの企業幹部の景気に対する楽観度は、過去4年間で最低水準だった。グラント・ソントン・インディアの運営パートナー、ビシェシュ・チャンディオク氏は理由について、「過去1年間に高額紙幣の無効化や物品・サービス税(GST)の導入など、複数の大規模な改革が実施されたことが影響した」との見方を示している。

一方で、アジア太平洋地域の主要各国と比較すると、インドの楽観度はインドネシア(100%)、フィリピン(84%)に次いで3番目に高かった。地域全体では、見通しを楽観視している経営幹部の割合は41%となっている。

グラント・ソントンは8~9月にかけて、アジア太平洋地域10カ国の最高経営責任者(CEO)や社長など、680人以上の幹部を対象に調査を実施した。


関連国・地域: インド
関連業種: 経済一般・統計

その他記事

すべての文頭を開く

インド企業、カイン州で小型車組み立てへ(12:45)

テイクオフ:インドのサービス産業が…(05/23)

医薬品輸出が20年に200億ドル 後発薬が好調も品質でリスク(05/23)

タタと東電、発電所の最適化モデル開発へ(05/23)

石炭の供給制限、自家発電企業が抗議(05/23)

巨大市場めぐり競争激化、印進出の日韓企業(05/23)

サムスンの工場拡張、携帯生産に年内着手(05/23)

Rジオ、エストニアに子会社設立へ(05/23)

電子機器の輸出促進政策、6月にも最終案(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン