• 印刷する

インドの企業幹部の景気楽観度、78%に低下

会計事務所大手の米グラント・ソントンが発表した最新の「国際ビジネス報告書(IBR)」によると、インドの企業幹部の78%が国内の経済見通しを楽観視していることが分かった。PTI通信が26日伝えた。

インドの企業幹部の景気に対する楽観度は、過去4年間で最低水準だった。グラント・ソントン・インディアの運営パートナー、ビシェシュ・チャンディオク氏は理由について、「過去1年間に高額紙幣の無効化や物品・サービス税(GST)の導入など、複数の大規模な改革が実施されたことが影響した」との見方を示している。

一方で、アジア太平洋地域の主要各国と比較すると、インドの楽観度はインドネシア(100%)、フィリピン(84%)に次いで3番目に高かった。地域全体では、見通しを楽観視している経営幹部の割合は41%となっている。

グラント・ソントンは8~9月にかけて、アジア太平洋地域10カ国の最高経営責任者(CEO)や社長など、680人以上の幹部を対象に調査を実施した。


関連国・地域: インド
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

新興国の輸入規制に懸念 全体の6割強、印が件数で2位に(10/19)

【アジア三面記事】未亡人の霊?現れる(10/19)

技能移民プログラム、不足の職種を公表(10/19)

中国OPPO、姉妹ブランドのスマホ発売(10/19)

テイクオフ:東南アジアに暮らしてい…(10/18)

住宅供給、7~9月は急減速 消費者が完成済み物件好む傾向も(10/18)

西川ゴムが南ア進出、インド企業との提携で(10/18)

中国長城汽車、21~22年にインドに本格進出(10/18)

ベンガルール電力公社、EV充電施設を新設(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン