• 印刷する

インドの企業幹部の景気楽観度、78%に低下

会計事務所大手の米グラント・ソントンが発表した最新の「国際ビジネス報告書(IBR)」によると、インドの企業幹部の78%が国内の経済見通しを楽観視していることが分かった。PTI通信が26日伝えた。

インドの企業幹部の景気に対する楽観度は、過去4年間で最低水準だった。グラント・ソントン・インディアの運営パートナー、ビシェシュ・チャンディオク氏は理由について、「過去1年間に高額紙幣の無効化や物品・サービス税(GST)の導入など、複数の大規模な改革が実施されたことが影響した」との見方を示している。

一方で、アジア太平洋地域の主要各国と比較すると、インドの楽観度はインドネシア(100%)、フィリピン(84%)に次いで3番目に高かった。地域全体では、見通しを楽観視している経営幹部の割合は41%となっている。

グラント・ソントンは8~9月にかけて、アジア太平洋地域10カ国の最高経営責任者(CEO)や社長など、680人以上の幹部を対象に調査を実施した。


関連国・地域: インド
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:グジャラート州投資サミ…(01/22)

インドのアフリカ重視鮮明 サミットに特別枠、外交で最優先(01/22)

起亜自、インド第1弾モデルを試験生産へ(01/22)

自動車購入時のGST課税、所得税は対象外(01/22)

乗用車輸出、2年連続で前年割れ見通し(01/22)

ルーカスTVS、電動車モーターの供給計画(01/22)

中油、インド石化プラント建設計画を断念(01/22)

サムスン、インドでの携帯生産に不透明感(01/22)

バイジューズ、米知育アプリのオスモを買収(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン