生物農薬輸入を認可、化学農薬の削減視野

カンボジア政府は、地場企業による生物農薬の輸入申請の受け付けを開始した。環境保護などを念頭に置き、化学農薬の使用削減を図る狙い。クメール・タイムズ(電子版)が22日に伝えた。 輸入申請の枠組みについては、ドイツ国際協力公社(GIZ)が協力した。農林水産省の農業法…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: 化学農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

神鋼環境、リゾート施設向け浄水設備を受注(08/07)

低迷する自動車販売業界、3月比では回復(08/07)

新型コロナ、新たに3人感染で累計243人(08/07)

首都のウオーターパーク、17日開業へ(08/07)

入国の保証金減額、投資家などの要件緩和も(08/06)

全日空、成田ープノンペン線は9月も運休(08/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン