生物農薬輸入を認可、化学農薬の削減視野

カンボジア政府は、地場企業による生物農薬の輸入申請の受け付けを開始した。環境保護などを念頭に置き、化学農薬の使用削減を図る狙い。クメール・タイムズ(電子版)が22日に伝えた。 輸入申請の枠組みについては、ドイツ国際協力公社(GIZ)が協力した。農林水産省の農業法…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: 化学農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

タイPTT、カンボジアの原油輸出に関心(10/15)

労働組合法の10条項改正、閣僚評議会が承認(10/15)

地雷・不発弾の死傷者、1~10月上旬は66人(10/15)

20年の経済成長はやや減速、世銀予測(10/14)

1~8月の投資認可額46%増、中国が3割超(10/14)

中銀とメイバンク、電子送金業務などで提携(10/14)

台湾の陽明海運、カンボジア含む路線新設(10/14)

日立の昇降機、21年度までにシェア25%目標(10/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン